[2020年] 簡単すぎる!Ubersuggestでキーワード100個と検索ボリュームを調べる方法

こんにちは!長野に滞在中のKoniです。

最近、オンラインでWeb集客やSNS集客のレッスンをしております。その中で生徒さんからの質問「Youtube動画向けの最適なキーワードを探す方法は?」の答えをまとめました。

Youtubeだけでなくブログやコンテンツマーケティング全般に使える方法なので参考になれば嬉しいです!

こんな人におすすめの記事

  • キーワードと検索数を簡単に調べたい
  • 2ワードまでのキーワードを見つけたい

とにかく簡単に調べたい

Web界ではキーワードを選定する場合に「キーワード検索ツールでキーワード候補を一括取得」→「Google広告のキーワードプランナーで検索ボリュームを調べる」方法が一般的に使われています。

今回は「とにかく簡単に」「キーワードは何百個もいらない」「3つ以上のキーワードはいらない」という方向けに一番簡単な方法を考えたところ、「Ubersuggest」という結論になりました!

Ubersuggestとは

https://app.neilpatel.com/ja/ubersuggest/

アメリカ発の無料のキーワード検索ツールです。無料登録をすれば1分で100個の人気キーワードと検索ボリュームを知ることができます。100個以上になると有料版へのグレードアップが必要ですが、100個以下なら無料版で大丈夫!

前は英語だけだったのがいつの間にか日本語化されていて、さらに使いやすくなっていました!

Ubersuggestの使い方

①アカウントを開設
②検索ボックスにキーワードを入力
③「日本語/日本」を選択
④検索

⑤検索結果の「キーワード候補」へ
⑥「キーワード候補をすべて見る」をクリック

次の画面で380個のキーワードがあることが分かります。このうち無料版で見れるのは100個のみです。CSVファイルでダウンロードしましょう。

CSVファイルはエクセルやGoogle sheetで開くことができます。私はWindowsのエクセルで文字化けしてしまったので、Google sheetでインポートして閲覧しました。

見るべきポイントは3つ

表の中からKeyword, Search Volume, Search Difficultlyの3つの指標を見ていきます。

「Search Volume」は検索ボリュームで、多いほど検索されている=人気キーワードということです。

「Search Difficultly」はSEO難易度で、オーガニック検索での競合分析結果です。数値が高いほど難易度が高いということになります。

狙い目キーワードを見つける

探すべきは需要があってライバルが少ないキーワード。つまり「Search Volume」が多く、「Search Difficultly」が低いキーワードです。

このリストの中だとこれらが狙いやすいと言えそうです。

・バリ島観光
・バリ島 ホテル
・バリ島 物価
・バリ島 旅費
・バリ島 英語

狙い目キーワードを選定したら、このフレーズをなるべくそのまま入れた動画タイトルや記事タイトルで動画を作ったりブログを書いていきます。

・「バリ島の旅費はいくら?友達と二人旅行・3泊5日の場合」
・「1か月3万円で暮らせるって本当?バリ島の物価を調査」

例えばこんなタイトルが考えられます。

以上、簡単にキーワード&検索ボリュームを調べる方法でした。

注意
  • 無料版で取得できるキーワードは100個までです
  • 3ワード以上のキーワードを見つけたい場合には向いていません
  • 本格的にリサーチする場合は「検索ツール+キーワードプランナー」法がおすすめです