簡単YouTube SEO : 5分で分かる動画のテーマ&キーワードの選び方

こんにちは!宮古島でワーケーション中のKoniです。

今回はYouTube SEOの基本である『動画のテーマ選び(キーワード選定)』について説明します。

YouTube SEOはWebページのSEOの考え方と基本的には同じで、まずやることは「需要があってライバルが少ないキーワードを見つける」ことです。

なるべく簡単でややこしくないやり方を説明していきます!

ラッコキーワードがおすすめ

いつもお世話になっております!無料でキーワード候補が一括取得できるツールです。

https://related-keywords.com/

ラッコキーワードの使い方

1. キーワードを一つ入れる

サーチボックスに自分の動画のテーマとなるキーワードを一つだけ入れます。「英会話」「海外旅行」「バリ島」「コーヒー」「移住」「沖縄」「ドローン」など、検索数が多そうなキーワードを選びましょう。ここでは例として「英会話」で進めていきます。

2. 検索結果からYouTubeを選択

検索結果はデフォルトで「Google」になっているので、YouTubeアイコンをクリックしてYouTube内サジェストに切り替えます。

3. 動画向きのキーワードを探す

検索結果から動画のテーマに向いていそうなキーワードの組み合わせを探していきます。パッと見ただけでも2つ見つかりましたね。「英会話+挨拶」「英会話+相槌」は動画にしやすいテーマと言えます。

4.キーワードを深堀りする

ここでは「英会話+挨拶」のキーワードをさらに見ていきましょう。

「英会話+挨拶」ではまだテーマとして大きい(競合が多い)のでもっと絞りこむ必要があります。「英会話+挨拶」の詳細を見るには右側の⇔マークをクリックします。

5. 良さそうなキーワードセットを発見

そのまま動画テーマになりそうなキーワードセットが沢山出てきました。例えば下のような組み合わせで一本ずつ動画が作れそうです。

・英会話 挨拶 返事
・英会話 挨拶 受け答え
・英会話 挨拶 やりとり
・英会話 挨拶 ビジネス
・英会話 挨拶 久しぶり
・英会話 挨拶 自己紹介
・英会話 挨拶 よろしくお願いします

6. YouTube検索でライバルチェック

次にやることはライバルチェックです。

キーワードセットを一つコピーしてYouTubeで検索してみましょう。

検索結果から「フィルタ」をクリックし「視聴回数」で並びかえます。

視聴回数順に並び変えられました。ライバル動画を上から見ていきましょう。

チェックするべき項目は、再生回数、アカウントの知名度、動画のクオリティや長さなどです。自分が動画を作った場合に検索結果1ページ目(10位以内)へのランクインができそうかどうかを判断します。

7.戦えそうならGO!無理めなら他のキーワードを当たる

これならいける!と判断できたらこのテーマで動画を作ることが決定です。

これは無理!となった場合はこのキーワードはいったん諦め、別のキーワードセットで検索して競合度が低いものが見つかるまで探しましょう。

いかがでしたか?

正確な検索ボリュームを知りたい場合はGoogle Adsのキーワードツールを使わないといけませんが、使い方が少し難しいので、今回はキーワードツールなしの方法をご紹介しました。