オンラインレッスン開講中

【2021年夏】女子1人、宮古島で2ヶ月ワーケーションの滞在費

信州からこんにちは!2週間前に宮古島から長野に帰ってきましたKoniです。

今回、宮古島に8月5日〜10月3日までちょうど2ヶ月滞在した滞在費用をまとめてみたいと思います。

1ヶ月の滞在費は 177,000円

まずは結論から。計算してみたら177,000万円という結果になりました。2ヶ月だと354,000円になります。

自分の感想としては(地味に生活してる割に結構使ったな)という感じです!内訳はこちらの表の通りです。

項目金額内訳
住居費90,000円ゲストハウス個室に滞在。3,000円 x 30日
レンタカー代47,000円マンスリー価格。免責・保険込
ガソリン代12,000円ほぼ毎日外出。走行距離長い
食費30,000円主に自炊、たまにコンビニ
雑費10,000円日用品や雑貨、洋服など
合計177,000円1ヶ月あたりの滞在費

女一人、地味に滞在した場合の費用です

宮古島で女一人旅
ぼっち旅が大好き

それぞれの項目について詳しく説明する前に、どんな人が滞在した場合の費用なのかお伝えします。

私は30代の女性フリーランスです。お酒、タバコはやりません、食事は、スーパーで食材を買ってきて簡単に自炊やアレンジをする程度。本格的な料理は作りません。ゲストハウスに炊飯器がなかったのでご飯は全部レンチンご飯。コンビニやスーパーのお惣菜をよく食べてました。

朝:コーヒー+パンケーキ
昼:ファミマのゴーヤチャンプルー弁当
夜:レンチンごはん+スーパーのお惣菜

外食しない、お酒飲まない、夜遊びしない、コスメや服もほぼ買わないので、一般的な30代女性の平均と比べてその辺の費用はかなり少ない生活をしています。

観光してません(観光費用なし)

もう一つ加えるとすれば、私は宮古島に1〜2ヶ月単位で頻繁に来ているので、もはや観光客ではなく…笑。いわゆる「観光地で観光客のように過ごす」ということはありません。

リゾートホテルでランチとかしないし、「ウミガメと泳ぐSUPツアー」とかに参加もしません。シュノーケルは毎日のように行きましたが、駐車料金と称して1,000円徴収してくるようなビーチには行きません。なので観光費用(?)は含まれていないことをお伝えしておきます。

それでは費用について項目別に解説していきます!

ゲストハウスにマンスリー滞在 90,000円

ゲストハウスにマンスリー滞在
ゲストハウス「フェーヌカジ」

今回もいつもお世話になっているゲストハウス「フェーヌカジ」に滞在しました。

宮古島の街中の中心地のゲストハウスに滞在。場所は公設市場の裏の辺りです。部屋は個室でシャワー&トイレは共同です。広いキッチンと充実のキッチン設備のおかげで暮らすように滞在できました。

街中にあるゲストハウスの中では貴重な「宿の前の広い駐車場」を備えています!(宿と駐車場が離れている、駐車場が極端に狭い場合もあります)

ゲストハウスについてはYouTubeで詳しく紹介しているので見てください★

マンスリーレンタカー 47,000円

宮古島マンスリーレンタカー 47,000円

今回はマンスリー契約でレンタカーを借りました。会社は「いいね!レンタカー」さんです。車種は軽自動車のタントでした。ハイトワゴンなので天井ゆったり、後ろがフルフラットになるのでシュノーケル 機材もどさっと置けて乗り心地、使い心地がとても良かったです。

費用の内訳は、ハイト軽自動車のマンスリー価格が35,000円で、そこにW安心パック12,000円を追加して47,000円です。

1ヶ月借りてみて快適だったので翌月も更新、丸2ヶ月お借りしました。

ガソリン代 12,000円

ガソリン代はおおよそになりますが、タントを満タンにすると大体4,000円〜4,500円くらいで、1ヶ月に3回くらい入れたと思います。

毎日のように、平良→インギャーマリンガーデン→東平安名先→平良、など島内をぐるぐる走っていたので、走行距離はかなり長いと思います。

食費 30,000円

かねひでのカレーバイキング
かねひでスーパーのカレーバイキング

以外とかさんだ印象なのが食費です。まず調味料やソースを一通り揃えるのに数千円かかりました。

一通り、というのは私の場合「オリーブオイル、味噌、醤油、ゴマ油、島唐辛子、ポン酢、レモン汁、蜂蜜、チョコソース…」のようにかなり多く、譲れない銘柄やクオリティがあるので(オリーブオイルはEV、チョコソースはnutellaとか)、これだけで五千円くらい使います。

それ以外は日々の食費ですが、外食はしなくてもお惣菜を買うので結局結構高くなりがち。これについては食へのこだわりが色々あるので仕方ない!と考えています。

雑費 10,000円

買い物にまるっきり興味がないので雑費は少ないと思います。

例えばコスメなら宮古島で買ったのは日焼け止め1本だけです。薬は解熱剤を一箱。服はリサイクルショップ「ぽぷら」で1着300円の服を2着買ったような…。「しまむら」ではビーチサンダルと長袖を買いました。

そういえばシュノーケルの帰り道にラッシュガードを紛失(車の屋根で乾かしたまま走らせてしまいどこかに落とす!)という事件があり、ラッシュガードをAmazonで買い直しました。3,000円くらい。

もっと安く滞在するには?

レンタカーを借りない

自由度は狭まりますが、レンタカーを借りなければ5万円の節約になります。

私はシュノーケルしたい、ドローンを飛ばしたいという希望があったのでずっと借りていましたが、たまに出かけるだけならその時だけレンタカーを借りる、路線バスを利用する、自転車やスクーターを借りる方法もあります。

ドミトリーに泊まる

もう一つ、費用をがっつり抑える方法としては、個室を諦めてドミトリーに滞在する方法があります。私は相部屋は絶対に無理なので個室一択ですが、ドミトリーに長期滞在しても平気!という人はドミトリー付きのゲストハウスのマンスリー料金をあたってみてください。

まとめ

2ヶ月で約35万円、結構使いました。実際にはこれに加えてドローンを買ったので+17万円です!クレカの引き落としがちょっと怖いですが、最高の夏を過ごせたので悔いなし!

今年の冬も宮古島で過ごす予定です♪