オンラインレッスン開講中

【2022年8月】ベルリンの廃墟遊園地『Spreepark (シュプレーパーク) 』英語ガイドツアーの参加方法&レビュー

ヨーロッパで滞在中のオタクなノマド、コニ(@koni_bali)です。

最初に訪れた街、ベルリンにある遊園地跡『Spreepark (シュプレーパーク) 』に行ってきたのでその様子をまとめます。

シュプレーパークとは

ベルリン郊外にある元遊園地。1969年に開園し、2001年に閉園しました。今は廃墟となっていますが、カルチャーパークとして再開発する計画があります。

敷地内は立入禁止ですが、ガイドツアーを事前予約するとガイドさんと一緒に見学することができます。今回は英語ツアー(週に1回催行)にぼっちで参加してきました!

* 2022年10月時点の情報です

こんな人におすすめ

  • 廃墟にロマンを感じる。廃墟が好き
  • 普通の観光客が行かないちょっと変わった所に行ってみたい
  • ベルリンの森や自然の中を散歩したい
  • 都市計画や再開発に興味がある
  • 英語が話せる、理解できる
  • カメラ小僧。写真好き

ツアー予約方法

予約は公式サイトから。 英語ツアーの料金は 5ユーロ 、所要時間は 70分程度 です。

こちらの英語ページの「Book a tour」をクリックするとチケット購入サイトに飛びます。会員登録をし、英語ツアーの日付を選び、PayPalで支払いしました。

チケットはメール送付

チケットはPDFファイルでメールに送られてきます。印刷する必要はなく、当日、スマホやタブレットで表示すれば大丈夫です。

シュプレーパークのツアーチケット

シュプレーパークへの行き方

ベルリン市内からシュプレーパークのツアー集合場所までは、約1時間見ておくといいと思います。

私の場合はバスに20分ほど乗り、バス停から更に15分ほど森の中を歩きました。路線バスはGoogle mapで調べれば正確な路線情報と時刻表が得られます。

集合場所へはPDFチケットに記載されていた下の地図を頼りに行ったんですが…🔻

ちょっとざっくりした案内で合っているのか不安でした。

シュプレーパークへの地図

以下に正確な位置を載せておきます。ここを目指して歩いてください🔻

集合場所のシュプレーパーク入口には「Fuhrungen Guided Tours」のポスターがあります🔻

ツアー集合場所の看板

30分前に到着したら無人

13時スタートのツアーだったので12時半にミーティングポイントに到着しましたが、誰もいない…。

本当にここ!?と不安になりつつ、でも看板にはしっかり「ツアー集合場所」と書いてあるので、周辺を散歩することに。10分前に戻ってくるとチラホラと人が集まっていました。

ツアー開始前

時間通りにガイドさん登場

13時ぴったりに園内から英語ガイドさんが登場し、ゲートを解錠し、PDFファイルのバーコードをピッとして入場です。

パーク入場

入口近くにお手洗いがあってとても助かりました!綺麗に掃除されていて紙もちゃんとありました。周辺にはトイレが皆無なので、ここになかったらピンチでした…!

パーク入口とトイレ

ちなみに、現状は廃墟の遊園地。

トイレ以外の施設(ショップ、カフェ、窓口)はありません。ミネラルウォーター、傘、日焼け止めなど、必要そうなものは全部持ってきましょう。靴は歩きやすいものがおすすめです。

30人くらいでツアー開始

ガイドさんはアメリカ出身のフレンドリーなお兄さん。ジョークでみんなを笑わせつつ、最初にシュプレーパークの概要・歴史の説明をしてくれ、その後で園内ツアーがスタートしました。

英語ガイドさん

遊園地を歩いて見学

ぞろぞろと歩いて見学します。先頭にガイドさん、最後にセキュリティさんがいて、その間に参加者がゆるく挟まれるような形で、みんなでゆっくり移動します。

「早く〜」などと急かされることはありませんが、歩行ルートを大きく外れたり、来た道を戻ることはできません。一度回ったところにはもう帰ってこないので、その場その場で見たいもの、撮りたいものを確実に撮ってください。

ガイドさんの説明は全部英語ですが、途中で写真やスライドを見せてくれるので、言葉が分からない場合はスライドで理解して見ましょう。(私は全然分かりませんでした!笑)

ロマンいっぱい!廃墟遊園地

時系列に沿って見たものを紹介します。

廃墟遊園地
元レストラン?
コーヒーカップの遊具
コーヒーカップの遊具前
コーヒーカップの遊具
落書きされているコーヒーカップ
シアター
元シアター。ここでショートムービーを上映していたそうです。大きな昆虫みたいに見えますね。王蟲的な
茅葺き屋根
?(ガイドさんの説明が分かってない)
ジェットコースター
シュプレーパークのシンボルにもなっているのがこちら!タイガーの顔がイケてるジェットコースター。この場所が大人気でみんな写真を撮っていました
遊具の操作室
何かの遊具の操作室
壁の落書き
ベルリンといえば、落書き
Don't open zombe is here
ゾンビいます

使用カメラはコンデジ2台(Canon PowerShot G7X Mark3 と Canon PowerShot SX740 HS)です。

建造物は柵で近くに寄れないものが多かったので、ズームが活躍しました。4倍以上のズームは欲しい印象。単焦点だと少し撮りにくいかもしれません。

ツアー終了後

ツアー終了後は入口まで戻ってきて解散です。質問タイムもありますよ。ガイドさんに小銭や小額のチップを渡している人もいました。

森の小道を戻り、今度は反対側のバス停から市内に戻りました。移動含めて約半日のツアーでした。

植物も楽しめる

時期によると思いますが、私が訪れた10月初旬は、シュプレーパークまでの小道や園内に植物が沢山ありました。日本では見ないお花や植物もあり、自然の中の散歩としても、とても楽しかったです。

野バラのようなお花

参加して良かった

ドイツの森の中を散歩できたし、写真を撮るのも楽しかったし、ちょっとした冒険感や達成感もあり、楽しい半日でした!普通の観光地じゃ物足りない方におすすめです。

英語ガイドツアーは週一回の催行ですが、タイミングが合うラッキーな方は参加してみてくださいね。