特徴なし。プセリン・ジャガッ寺院

≪一日で9か所制覇! ウブド郊外の寺院&遺跡めぐり≫の続き。
朝7時に出発→イエップル→考古学博物館→クボ・エダン寺院→プセリン・ジャガッ寺院 に到着しました。

この寺院はね~~~ 本当にコメントするポイントが無かった。

入口です。
プセリン・ジャガッ寺院 (2)

あえて言うなら、入ってすぐの大きな闘鶏場。これはおおーっと思いました。
この会場に人が一杯になって盛り上がるんだろうなぁ
プセリン・ジャガッ寺院 (3)

後は、特筆するポイントのない、普通の寺院です。
プセリン・ジャガッ寺院 (1)

プセリン・ジャガッ寺院 (5)

受付の横にちょっとした売店があります。
プセリン・ジャガッ寺院 (4)

この日の受付のおばちゃん。
入場料はお布施なのでRp.5,000 – Rp.10,000 くらいなんだけど、
「写真撮るよ」って言ったら 「じゃあ撮影料で10万ルピアね!」と言ってきた。

「いやインスペクションだから。ここを宣伝するための写真だからね」って言ったら、
「あら~そうなの。どんどん撮ってお客さん連れてきて!」って(笑)。

ハイハイって感じで4分くらいの滞在で終了しました。

ガイドさんが居たら、バリの闘鶏や建築物の特徴、
この寺院が作られた歴史的背景について教えてくれるのかもしれません。

============================================
【スポット名】 Pura Pusering Jaget / プセリン・ジャガッ寺院
【エリア】 ウブド郊外 ペジェン通り
【入場料】 お布施
【営業】 9時~17時
============================================

2 COMMENTS

ゆう

こんにちは。はじめまして。楽しく読ませていただいています(*´∀`)
ところでお願いがあるのですが、2月20日だったかデンパサールに出来たは新しプール付きのリゾートコスの記事のコスが気になっていて、一度見に行きたいと思っています。
バリに来てまだ日が浅い私は、アパート事情もわからなくネットで適当に申し込んでしまいました。
次は良く観察して引っ越したいと思っています。
よろしければ、デンパサールにある見に行かれたコスの名称と、もう少し詳しい場所の情報、住所が分かれば住所が知りたいです。
どうぞお願いいたします。

返信する
ゆうさん>コニ

はじめまして。
お問合わせのコスですが、コス名と電話番号は分からないです。
大体の場所はこちらです
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=216543486219538684746.0004da047114a4ec61526&msa=0&ll=-8.688706,115.185599&spn=0.031605,0.038581
道順は、サンセットロードからイマンボンジョールに入ってしばらくまっすぐ走ります。2つめの信号を左に曲がって Gunung Soputan という道に入ります。入ってすぐ右の路地に入って、くねくね道をしばらく走ると、ガニーダという大型のコスがあります。くねくね道はうまく説明できないので、通りがかりの人に、「ガニーダ」と聞いてみてください。ガニーダは比較的有名なので、”バリ島 コス ガニーダ”で調べれば出てくると思います。
お問合わせのコスは、ガニーダを右手に過ぎて、交差点を過ぎたら右手に見えてきます。広い土地の中に一軒だけポツンと建っている建物で、通りの名前は、Jl.Soputan 2 だったと思います。よいコスが見つかるといいですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です