ウィーン美術館巡り・レオポルドミュージアムの主要作品(2019年7月)

ウィーン旅行の目的は、クリムトとシーレの作品を満喫すること!

まず訪れたのはレオポルド美術館。
日本にいるときに公式サイトからオンラインチケットを購入し、E-Ticketを印刷して持って行きました。

特徴

・エゴンシーレの作品が豊富!数々の自画像の他、有名な「ほおずきの実のある自画像」「ヴァリーの肖像画」がある
・クリムトの3連作「医学・哲学・法学(レプリカ)」と「死と生」は必見!
・リヒャルト・ゲルストルの作品も見逃せない!

レオポルド美術館

Theodor von Hörmann|Summer in the Garden

Theodor von Hörmann|Summer in the Garden

Emil orlik|Capriccio with gilded fan

Max kurzweil|Female nude in front of mirror

Female nude in front of mirror

Gustav Klimt|A morning by the pond

Gustav Klimt|クリムトが着ていた服

クリムトが着ていた服

Gustav Klimt|医学・哲学・法学

ウィーン大学の大講堂の壁画の天井装飾画として描いた3作品。
現在残っているのはレプリカ。

《医学》
クリムト 医学

《哲学》
クリムト 哲学

《法学》
クリムト 法学

Gustav Klimt|Lady with Cape and Hat on a red background

ady with Cape and Hat on a red background

Gustav Klimt|On Lake Attersse

On Lake Attersse

Gustav Klimt|恋人のエミリーに宛てた手紙

ちょっとした手紙にもセンスがありすぎる

エミリーに宛てた手紙

Gustav Klimt|Death and Life (1991)

Death and Life

Death and Life (1991)

Koloman moser|Lovers

Koloman moser|Lovers

Koloman moser|Mountain ranges

Koloman moser|Mountain ranges

Koloman moser|Leysin

Koloman moser|Leysin

Koloman moser|Fourniture

若い新婚カップルのための家具

Koloman moser|Fourniture

Richard Gurstl|On the Danube canal

Gurstl|On the Danube canal

Richard Gurstl|Semi-nude-self-portrait

Semi-nude-self-portrait

Richard Gurstl|Portrait of Henryka Cohn

Portrait of Henryka Cohn

Richard Gurstl|Nude-self-portrait

Richard Gurstl|Nude-self-portrait

Egon Schiele|本人の写真

Egon Schiele|本人の写真

Egon Schiele|Self portrait with raised bare shoulder

Self portrait with raised bare shoulder

Egon Schiele|Self portrait lowered head

Self portrait lowered head

Egon Schiele|Self seerⅡ (Death and Man)

Egon Schiele|Self-portrait with kneeling nude

Self-portrait with kneeling nude

Egon Schiele|Seated male nude (Self-portrait)

Seated male nude (Self-portrait)

Egon Schiele|Hermits

Egon Schiele|Hermits

Egon Schiele|Hermits close

Egon Schiele|Portrait of Wally Neuzil

「ヴァリーの肖像画」

シーレが21歳の時に17歳のヴァリーと出会い、恋人になります。

Portrait of Wally Neuzil

Egon Schiele|Self-portrait of chinese lantern plant

「ほおずきの実のある自画像」として知られるシーレの代表作。上のWallyのポートレートと対になっている

ほおずきの実のある自画像

Self-portrait of chinese lantern plant

Egon Schiele|Mourning women

「嘆く女」

Mourning women

Mourning women detail

Egon Schiele|Calavary

「ゴルゴダの丘」

Egon Schiele|Calavary

Egon Schiele|Revelation

「暴露」

Egon Schiele|Revelation

Egon Schiele|Revelation

Egon Schiele|Lovers (Unfinished)

Painting Lovers (Unfinished)

Egon Schiele|Reclining women

「横たわる女」

Egon Schiele|Reclining women

Egon Schiele|Mother with two children Ⅱ

Schiele|Mother with two children Ⅱ

ウィーンの美術館ブログ:

クリムトが好きなら絶対に行かないといけない、ウィーンのベルヴェデーレ宮殿(Belvedere)の紹介です。 ベルベ...
ウィーンにある美術史美術館(Kunsthistorisches Museum)は、自然史博物館と対になる施設です。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする