オンラインレッスン開講中

アユタヤ遺跡でよく見かける!きれいな野鳥4種

こんにちは!アユタヤに2週間滞在中のKoniです。

今日はアユタヤの遺跡や道端、公園でよく見かける野鳥について紹介します。日本では見ない綺麗な模様や変わった形の鳥が多く、ついつい撮っているうちに写真が貯まりました。

アユタヤで野鳥写真が撮りたい!という方は、市街地にある「Bueng Phra Ram Park」がおすすめです。木々、遺跡、水場が豊富で、野鳥やリスが沢山集まっています。

ジャワハッカ (Javan myna)

真っ黒い身体にふさふさと立った前髪(?)、黄色いクチバシと足が特徴です。この鳥を一番よく見かけました。

Wikipedia

インドハッカ (Indian myna)

ジャワハッカと似ていますが、身体が真っ黒ではなく黒〜茶色のグラデーションになっているのと、目の周りまで黄色いのが特徴です。お腹は白っぽくなっています。

Wikipedia

ヤツガシラ (Upupa epops)

頭が特徴的で遠くからでも目を引く鳥。名前ヤツガシラ(8つの頭)の由来にもなっている王冠のような頭の羽と、胴体の白黒模様が特徴的です。タイに生息しているのはヤツガシラの中でも「longirostris」という亜種だそうです。

Wikipedia

インドトサカゲリ (Red-wattled lapwing)

キレイでカッコいい!あまり見かけませんがたまたま撮影できました。真っ赤な目とクチバシ、黄色い足が特徴的です。

Wikipedia