1泊4000円弱!絶景シービューでのんびりできるホテル🌴トワイライトレンボンガン(Twilight Lembongan)

レンボンガン島大好き!コニ(@koni_bali)です。

今日は久しぶりにクタのシンパンシウールにある Cafe Dijonでランチしたんですが、カフェの横に併設されてるオーガニックショップで大好物のイタリアの生ハム♡プロシュートを見つけちゃいました。

100グラム RP.95,000(800円)という高級さにもめげずフラフラと買ってしまい、ということはワインを飲まないといけないのでほぼ毎日通ってるハーディーズ・クタに赴くこととなり、インドネシア産赤カベルネメルロー「Explore 2013 Rp.175,000(1500円)」っていうのをゲットしてひとり宅飲み中です。ふわふわ〜🍷

最近レンボンガン関連記事のアクセスが伸びているので、今日はこの間3泊したチュニガン島のおすすめホテル、トワイライト レンボンガン(Twilight Lembongan) をホロ酔いで紹介します。

海が見える1ベッドルーム バンガローに1泊3800円(50万ルピア)で泊まりました。良かったです!!

このホテルの特徴 Summary

  • ホテルが経つのはチュニガン島のオン・ザ・クリフ(崖っぷち)のロケーション。絶景!
  • 海方向にある長方形のプールやプールサイドのデイベッドからの眺めが素敵
  • サーフスポットが目の前。波チェックやサーファーの数が一目で分かる
  • プール前の階段から海にアクセスOK、そのままサーフポイントへパドルアウト可。シュノーケリングはできない
  • バンガローはエアコン、ファン、シービューテラス、温水シャワー、タオル、金庫あり
  • ドアは隙間だらけで簡単に開けられそうだった。貴重品の管理は気をつけたほうがいいと思う
  • バンガローのテラスからの眺めもシービュー!
  • 波の「ザバーンっ」って音で目覚める静かな朝がとってもいい
  • レストランが併設されていて食事ができる。味・料金は平均点
  • 出張マッサージを頼める、1時間13万ルピアくらい。プールサイドでやってもらうのが気持ちいい
  • 周辺はこれといった店が何もない田舎。バイクがあればあちこち行ける

ホテルの場所・行き方 How to go

場所はレンボンガン島からイエローブリッジでつながっているチュニガン島にあります。イエローブリッジからホテルまではバイクでガタガタ道を10分程度。レンボンガンの道は最近舗装されて来ましたが、チュニガンはまだまだ道が悪いです。

ホテルまでの行き方は2つあります。

船着場でレンタルバイクを借りて自力で行く

ボートが着くのは、ジュングバトゥビーチ または マッシュルームビーチ のどちらかです。ジュングバトゥビーチの方が賑やかですがホテルからは遠くなります。

どちらに着いてもそこら中でレンタルバイクを貸してくれるので、1日8万ルピアくらい、2日なら15万ルピアくらいで交渉してバイクで向かいます。ホテルの場所が分かりずらいため、携帯はオンラインにしておき、Google map先生に聞きながら行くことをおすすめします。

ホテル周辺はすごく田舎で、徒歩でビーチクラブやカフェまで行くにはなかなかの気合が必要なため、その意味からもレンタルバイクがおすすめです。

ホテルの送迎を頼む

泊まった時に聞いてみたら、ホテルでも港から無料送迎をしてくれるそうです。ボートの到着時間・到着場所をあらかじめ連絡しておけば迎えに来てくれると言っていました。荷物が多い人やバイクに乗るのが怖い人はこちらがおすすめですね。やりとりは英語になります。

ホテルに着いてからスタッフに「レンタルバイクを借りたい」といえば、ビーチで直接頼むよりは割高になりますが手配はしてくれると思います。

写真でチェック Photos

Twilight Lembongan

Twilight Lembonganのプール。サーフポイントが目の前

1泊4000円弱のバンガロー

このバンガローが1泊4000円弱!

Twilight Lembonganの素敵テラス

バンガローの素敵テラス

テラスからの眺め

テラスからも波チェック可

バンガローのベッド

ダブルベッド。入口はガタガタで簡単に侵入できそうではあります

ベットからのビュー

ベットからのビュー

棚とセーフティーボックス

棚とセーフティーボックス

アウトドアシャワー&トイレ

アウトドアシャワー&トイレ

トイレの鏡とわたし

トイレの鏡とわたし。まだムチムチしてる頃

朝ごはんは大事。ここのは普通

朝ごはんは大事。ここのは普通

プール前にある階段から海に降りれるよ

プール前にある階段から海に降りれるよ。ハート♡の砂場があってかわいい

水は綺麗だけどい草を養殖しているのでシュノーケリングには不向き

水は綺麗だけどい草を養殖しているのでシュノーケリングにはきっと不向き

サーファーいっぱい!

サーファーいっぱい!波のことはよくわからんん

ここでの写真撮影も必須!

ここでの写真撮影も必須!

夕日&シルエットも撮れるー!

夕日&シルエットも撮れるー!

干潮時はこのくらい潮が引く

干潮時はこのくらい潮が引く。い草を収穫する村の人

チュニガン島のサンセット

チュニガン島のサンセット。干潮時も美しい

まとめ

いかがでしたか?

レンボンガン、チュニガンには5〜6回泊まってますが、このホテルは現状、総合点第1位といっていいかもしれません。次はジュングバトゥビーチの Ware Ware Bungalow に泊まりたいと思ってます♪

予約はこちら:トワイライト レンボンガン(Twilight Lembongan)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket