美術鑑賞とオペラ観劇を兼ねる双眼鏡を探した結果、ケンコーの6倍単眼鏡を買いました

こんにちは、コニです。

来月ロンドンとウィーンに行くので、ロンドンで「オペラ座の怪人」を、ウィーンでオペラ「アイーダ」「愛の妙薬」を予約しました。

そこでオペラグラスを新調することに!!

今の双眼鏡への不満点

今までは実家にあった母の双眼鏡を借りていたんですが、倍率が高すぎて過去のオペラ鑑賞では人物一人しか映らず、周囲の人やステージ全体の動きが追えない。

それと視度調整が付いていないので、乱視の私は片方に合わせると片方がボケてしまい、目が疲れるし観づらくてイライラ。

早速オペラ用双眼鏡(8倍)をリサーチ・・・

色んな方のブログやまとめ記事を読んで候補に上がったのはこちら。

オリンパス 8×21DPCI 8倍ポロプリズム式双眼鏡

◎プラス:安定のオリンパス、汎用性の高い8倍、軽量、視度調整で左右の視力が違ってもOK、メガネ付けたままの使用可能、価格が4千円以下!

◎マイナス:ダサい

もうこれでいっかー、でもデザインが嫌だな、、せっかくオペラの良い席取ってこの双眼鏡使うのか..と決めかねていたところ、 「美術館でも双眼鏡があった方が良いじゃん!」との考えに至りました。

実際、オペラは年に1〜2回しか観ないけど、美術館・博物館は年に15回くらい行くので、美術館に足を運ぶ方が圧倒的に多いのです。

そこで、「メイン用途は美術館での絵画鑑賞用で、かつ、たまにのオペラ鑑賞にも耐えれる双眼鏡」を探したところ、今度は「美術鑑賞には双眼鏡より単眼鏡の方がいい説」に遭遇。

確かに単眼の方が混雑している美術館でポケットからさっと取り出して観察する時に周りの邪魔にならなそう。長時間手で持ってても疲れにくそう。

300グラムの双眼鏡でもずっと持ってると意外と疲れるんですよね。バチカンのシスティーナ礼拝堂で双眼鏡を真上の天井に向けて「天地創造」を眺めていた時は腕も首も疲れました。

何より長旅で荷物を最小化することにいつも命がけなので、「小さい・軽い」が至上主義!

結局「メインの用途は美術館での絵画鑑賞用で、かつ、たまにのオペラ鑑賞もいける単眼鏡」でスペックを絞っていった結果、以下の条件に決定。

  • 倍率は6倍
  • 最短合焦距離が30cm以下
  • メガネを付けたままでもスムーズに使える
  • 明るい
  • デザインがダサくない(双眼鏡はダサいのが多すぎる)

倍率については、美術鑑賞だけなら4倍を選んでいたかもしれませんが、オペラや建築物を観る場合も考えて6倍にしました。リサーチの結果、候補に出たのがこちらの単眼鏡っ!

ビクセン 6倍単眼鏡 アートスコープ H6×16 レッド

日本の光学メーカーのビクセンです。私の生体顕微鏡はビクセン製です。いつもお世話になってます!

この製品、光沢のあるレッドがすごく好みでした。筒を伸ばした時のフォルムも最高です!
購入の一歩手前まで行ったんですが、気に入らない点が一つ。

ほぼ同スペックの黒より4000円くらい高いんですよ..。

赤のスペック (公式サイト公示価格 13,440円 (税込))

黒のスペック (公式サイト公示価格 12,960円 (税込))

一応、赤は「アートスコープ」、黒は「マルチモノキュラー」という別製品のようなんですが、比較すると大きなスペックの差はなさそうです。

それ以外の違いといえば外観と付属のケースくらいで、公式サイトでの公示価格も500円しか違いません。

それなのに!どうして!Amazonや楽天では赤が4000円も高いの?ということに納得がいかず、気持ちよく買えなかったのでやめました。

ビクセン 6倍単眼鏡 マルチモノキュラー H6×16 ブラック

こちらが黒です。デザイン的には堅実な感じで悪いくないんですが、使うたびに「レッドにすれば良かった。。」と思ってしまいそうなのでやっぱり見送り!

気持ちよく買い物するってとても大切な事なので、色の違いによる価格差が大きすぎる点について改善して欲しいです。(同じ不満をレビューに書いている人も結構いた)

Kenko 単眼鏡 7倍 対物フォーカスタイプ

こちらは日本の光学メーカーのケンコーです。

この製品、まさかの1000円以下なんですよ!実勢価格900円くらいです。桁が一個違う!そしてレビュー評価もなかなか高いんです!

とりあえず使ってみたい!くらいだったらこれを試してみるのも全然ありですね。私は良いものを長く使いたいので見送りました。

これに決定!Kenko 単眼鏡 ギャラリーEYE 6倍

そんな訳で買ったのがこちらの製品です。

・発売されたのが最近
・眼鏡フレンドリー
・視野が明るい、広い
・デザインが割と良い
・アクセサリーが豊富

などの点が良かったです。

すごく良いデザイン!という訳ではないけれど、ビクセンのレッドに次いで良いデザインだと思います。少なくとも使っていて恥ずかしくはない!

ガラス反射除去フィルターもセット購入

Amazonではアクセサリーも購入できます。
ガラスの反射や写り込みを軽減してくれるらしいです。
ガラスの反射で見えにくい、美術館あるあるですよね!

そんな訳で迷走した挙句に単眼鏡に着地しました。

商品が到着したらまた使用レビューを書きたいと思います!

書いた記事がこちら:ケンコーの単眼鏡「galleryeye 6倍」あちこちで使用したレビュー

*

こちらの記事がとても参考になりました。

徹底比較!単眼鏡はケンコー?ビクセン?両方使った美術館オタクのおすすめ

両メーカーとも気合いの入った特設ページを作っています。

単眼鏡が広げる美術鑑賞の世界 – ビクセン

芸術鑑賞を劇的に買えてくれる必携アイテム単眼鏡 – ケンコー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 前回の記事はこちら:美術鑑賞とオペラ観劇を兼ねる双眼鏡を探した結果、ケンコーの6倍単眼鏡… […]