バリ島ブルーバードタクシーの見分け方。みんな似てて紛らわしい!

2018/11/02

こんにちは!バリに滞在中のコニです。

バリ島の2強タクシーといえば

①オンラインタクシーのGrab Taxi(グラブ)
②メータータクシーのBlue Bird Taxi(ブルーバード)

の2択ですよね!

それぞれアプリがあり、簡単に予約・カード決済ができます。

ぼったくられたり、メーターがあるのにメーター回さなかったり、ナンパされたり、コミッションが出るお土産屋に連れて行こうとしたり・・・というようなうっとおしい出来事を回避するために、私は何が何でも上記2つのタクシー以外は乗りません。

2018年11月現在、台数が多くて待ち時間が短いのはGrab、値段が安いのもGrabです。安いといってもGrabもじわじわ値上がりしていて、現在はBlue Birdより2〜3割安いくらいなのでそれほど大差はありません。

◎Grabのアプリ
ituneはこちらAndroidはこちら

◎Blue Bird Taxiのアプリ
ituneはこちらAndroidはこちら

日本やマレーシアから来る友達にもGrabかBlueBirdを勧めるんですが、
みんな「タクシーが似ててどれがブルーバードか分からない!」って言うんですよね。

10年住んでると遠目からでも一発で分かるんですが、確かに来たばかりだとみんな青っぽい色だし鳥っぽいマークだし、どれがブルーバードなのが混乱しそうですよね。

という訳でブルーバードと他社タクシーの見分け方を写真でご紹介します。

ブルーバードの見分け方

まずは車体の色!

確かにバリのタクシーはどれもブルー系なんですが、Blue Birdタクシーはちょっとラメがかった明るい水色です!この写真の水色です。

暗いところで見るとこんな色

明るいところで見ると明るい水色

次に鳩さんマーク!

次に車体の横にある青色の鳩さんマーク!水色背景に青色の鳩さんです。

その下には大きく「BLUE BIRD」、下に小さく「PT.PRAJA BALI TRANSPORTASI」という文字があります。

5桁のタクシー番号!

ブルーバードタクシーには、VV123やIV456など、2桁のアルファベットと3桁の数字からなる5桁の車体番号があります。
場所は後部座席のドアのところです。

フロントガラスのタクシー名は微妙

ブルーバードタクシーのフロントガラスには「BLUE BIRD GROUP」のバナーが貼ってありますが、他のタクシー会社も似たような名前を同じ場所に貼っていますw

全く同じ「BLUE BIRD GROUP」から、「BALI BLUE TAXI」、「BLUE BIRD TAXI」など、紛らわしいことこの上ないのであまり当てにしない方が良いです。

紛らわしい!バリ島のタクシーたち

バリのタクシーはだいたいブルー系で、しかも鳩のマークがあったりします。

こちらは「Bali Taxi」。ブルバードライクな鳩のロゴが…

こちらは「Taxi Bali」。名前まで似てる

偽ブルーバードに注意

「バリのタクシーはBlue Birdが一番まとも」という評判が確立されてから他のタクシーに乗る人が減ったため、タクシー会社の中には意図的にブルーバードに似せてる所もあります。運転手が「ブルーバードだよ!」と偽ることも。

ブルーバード以外のタクシー運転手「ブルーバード?」と聞いて正直に「違う」と答える率はあまり高くないとと思われるので、自分でしっかり確認しましょう。

偽ブルーバードの写真は手に入り次第こちらにアップします。

それでもトラブルに逢うこともある

バリ島タクシーの中ではBlue BirdがGrabと並んでおすすめではありますが、それでもメーターを回さずに法外な額を要求するなどのトラブルがまれにあるようです。

特に深夜に流しのブルーバードを拾う場合は、メーターがしっかり動いているかなど、少ししっかりチェックした方がいいかもしれません。

アプリ予約だと車体番号、ドライバー名、料金が記録に残り、レビュー評価もあるので態度がいいんですが(そういう意味でもアプリ予約をおすすめします)、流しだと記録に残らないので、心理的にいい加減になる可能性はありますね。

心配な方は、

・履歴が残るアプリで予約する
・流しで乗る場合はタクシー番号とドライバー名をチェック (車のフロントにネームカードが置いてあります)
・下車時にレシートをもらう(通常は言わないと発行してくれない)

などの控えがあると、何かあった時にブルーバードのウェブサイトまたは電話でクレームが可能です。

ちなみに一番多いのが「タクシーに携帯忘れた」案件だと思うんですが、ブルーバードやGrabだとしても、置き忘れた携帯が戻ってくる確率は20〜30%なんでは..と思います。

ドライバーは乗客を降ろすたびに後部座席をくまなくチェックしている訳ではないので、ドライバーが気付かない内に次の乗客が携帯を発見してそのまま持ち去る、という事もあり得ます。

忘れ物には注意して快適にタクシー移動してくださいね!

by KONI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket