コンパニオンという仕事

2015/05/26

コンパニオンをやっていた時期がある。

スーパーorピンクコンパニオンではありません。
ホテルのパーティーや旅館の宴会に赴き、
幹事・ホスト・女性スタッフの負担を和らげ、
2時間とゆー限られた時間でお客様を最大限楽しませる、
そんな仕事です。

しっかり働いていた期間は約2年。大学3年、4年だった。

そして・・・実は今も在籍中(笑)

ここ1年仕事は全く入ってないんだけど、
私みたいな放浪型は、いつ何時無職になるか分からない訳で、
そんな時に一日だけの単発から仕事をさせてもらえる、
とってもありがたい働き口なのです。

だから正式に退職(退会?)はしていなかったんだけど、
まーバリ行くし、また松本に住めるかも分かんないので、
明日か明後日、挨拶がてら手続きしに行くことに。

よく考えたら、コンパニオンやキャバクラで生活してるお姉さま方って、
自営業・業務請負・フリーランスみたいなもんだよね。

コンパニオンは季節による仕事量の変動が大きいし、
もちろん時給は高いけど、(1時間3000円くらい)
パーティーは大低2~3時間。もちろんボーナスなんて無い。

キャバクラも働いたら働いただけ収入になるけど、
一日も働かなかったら、その月の収入は0円。

でも私はこーゆう働き方って結構スキです。
安定性には欠けるけど、未来が見えない、確定されてない、緊張感が気持ちいい。

やっぱり私には、フリーランスというか、外注というか、
ひとり自営みたいな働き方が合ってるんだろうなぁー

コンパニオンの仕事はもうしないだろうけど、
毎日、自分の意思で貪欲に仕事をこなすお姉さま方の力強さはアッパレです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket