特徴なし。プセリン・ジャガッ寺院

≪一日で9か所制覇! ウブド郊外の寺院&遺跡めぐり≫の続き。
朝7時に出発→イエップル→考古学博物館→クボ・エダン寺院→プセリン・ジャガッ寺院 に到着しました。

この寺院はね~~~ 本当にコメントするポイントが無かった。

入口です。
プセリン・ジャガッ寺院 (2)

あえて言うなら、入ってすぐの大きな闘鶏場。これはおおーっと思いました。
この会場に人が一杯になって盛り上がるんだろうなぁ
プセリン・ジャガッ寺院 (3)

後は、特筆するポイントのない、普通の寺院です。
プセリン・ジャガッ寺院 (1)

プセリン・ジャガッ寺院 (5)

受付の横にちょっとした売店があります。
プセリン・ジャガッ寺院 (4)

この日の受付のおばちゃん。
入場料はお布施なのでRp.5,000 – Rp.10,000 くらいなんだけど、
「写真撮るよ」って言ったら 「じゃあ撮影料で10万ルピアね!」と言ってきた。

「いやインスペクションだから。ここを宣伝するための写真だからね」って言ったら、
「あら~そうなの。どんどん撮ってお客さん連れてきて!」って(笑)。

ハイハイって感じで4分くらいの滞在で終了しました。

ガイドさんが居たら、バリの闘鶏や建築物の特徴、
この寺院が作られた歴史的背景について教えてくれるのかもしれません。

============================================
【スポット名】 Pura Pusering Jaget / プセリン・ジャガッ寺院
【エリア】 ウブド郊外 ペジェン通り
【入場料】 お布施
【営業】 9時~17時
============================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket