マイナースポット・ウブドの考古学博物館

≪一日で9か所制覇! ウブド郊外の寺院&遺跡めぐり≫の続き。
朝7時に家を出発→イエップル→考古学博物館 に到着しました。

考古学博物館はイエップルから車で5分ほどの場所にあり、
プラタナン・サシ寺院やクボエダン寺院のすぐ近く。

ガイドブックには小さく載っていますが、5年住んでいて
一度も存在に気付いたことがないくらいの地味なスポットです。

外観。 『Museum』 などの大きな看板もないので通り過ぎそうです。

ウブド・考古学博物館 (1)

敷地内は狭いです。
中央のバレを囲んで4~5棟の平屋があり、その中が展示室になっています。

ウブド・考古学博物館 (5)

予想通り、観光客は誰もいません。

ウブド・考古学博物館 (2)

説明がインドネシア語なので、まったく意味が分かりません(悲)

ウブド・考古学博物館 (4)

しっかり勉強したい方はガイドさんと一緒に行くほうがいいですね。

ウブド・考古学博物館 (3)

朝10時ごろ行ったのですがスタッフ誰もいない。

一人だけ、近所のおじさん風の方が佇んでいたので受付を教えてもらい、
記帳と心づけ(ここは一人 Rp.5,000で十分かと)を置いてきました。

============================================
【スポット名】 考古学博物館
【エリア】 ウブド郊外
【入場料】 お布施
【営業】 9時~17時
============================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket