にほん 3日目 ~結婚~

2015/05/31

wedding

中央線・稲荷山駅から松本へ。

「あのMが結婚かあ・・・」

大学3年生、初めて会ったときのこと。

一緒に行った数々の合コンのこと。
(ほとんどイマイチだったけどいい思い出)

彼女の無茶を泣きながら怒ったこと。
(そーゆー役だったんです)

1年ぶりに見た、白無垢姿の彼女は、
今まで見たどの時よりも綺麗でした。

旦那さまである素晴らしい男性と出会って、
お互いを人生のパートナーとして選びあった喜びと自信が、
彼女をこんなに綺麗にしたのかな・・・ と思いました。

嬉しさ96%、淋しさ2%、羨ましさ2%

冠着駅くらいから出始めた涙は、結局2次会まで止まりませんでした。
2次会は別の意味で泣きました。

これから一生、この人と一緒に居るんだ。
っていう感覚はどんなものなんだろう。

たぶん、安心 安堵 幸せ ?

私はゆずれない物が多いし、
多数の女性が欲しいものが欲しくなかったりするから、
結婚への道のりはまず、

1.私に妻のプロトタイプを一切期待しないで下さい。
2.今のところ母親になるつもりはなくて、これからもならないかもしれないんだけど、いいですか?
3.自分のお金と責任の中でやりたい事やるから、縛らないでね。

ってことを了解してもらわないと・・・・・・ 笑。

というか、この年になると彼氏となる人にもうっすらこんな事を伝えておかないと
いけない気もします。後でなんか言われたらやだし・・・って居ないからいいんですが。

めんどくさいですよねー。でも正直な気持ちだから仕方のないことです。
インドネシア語で「しょうがない」は

アパ ボレ ブア (´∀`*)

にしても、こんなに幸せな気分になれるなんて・・・結婚式っていいですね!
友達の幸せを一緒に喜べるって嬉しいなあ。

自分を振り返ってちょっぴり切なくなりつつも、
とても素敵なお2人、そしていいお式でした。

本当に本当に良かったね!
9日は新居にお邪魔させてもらいま~す(o^∇^o)ノ

* プロトタイプは、「こうでなければならない」という暗黙のルールのことです。
男は強くなければならない、女は優しくなければならない、みたいなやつ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket