親への告知

2015/07/28

コニが海外で働くことに、ずっと反対していた両親。

普通に地元の会社で働き、人が良さそうな人と結婚し、子供を産んで新しい家族を作ること望んでいた両親。

「外国に住む」って子供の頃から思ってたけど、親の期待を裏切りたくない気持ちもあり、自分にいまひとつ自信が足りないこともあり、この目標を実現するのに25年もかかりました。

両親とは、何度海外進出ネタでケンカしたか分かりません。

そんな両親に昨日、こんなメールを送りました。

『この前知らせた、バリ島の南のジンバランにある旅行会社に決めました。
心配事を増やして本当に申し訳ないと思っていますが、
海外で働く事は子供の頃から決めていました。
仕事への自信も付いたので、もう行かない訳にはいきません。

バリ島がゴールだとは思っていないけど、とにかくこれが第一歩です。行かせて下さい。

お父さんとお母さんに私の助けが必要になったら、必ず帰ってくるから。

とりあえず最初の3ヶ月は研修です。
渡航はGW前か後を考えていますが、アパートは四月はじめに
引き払って、数週間は実家に居たいと思います。

よろしくお願いします。』

そしたらお母さんから

『どこにいても 困ったことがあったら すぐ連絡して。
元気で長生きすること。』

というメールが返ってきました。

私の夢を、やっと認めて応援してくれるようになりました。
ここまで来るのにこんなに時間掛かったけど、でも必要な時間でした。

お父さんからは返信が無いけど、きっと言いたい事がいっぱいあって、
でも応援したいとも思ってくれていて、だから何も言わないんだと思う。

本当に嬉しかった。
ありがとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket