結婚のこと、子供のこと - 価値観いろいろ

こちらの記事を読んで、「そういえば…」と思うことがあったので書いておきます。

[性]「子どものこと、ちゃんと考えたほうがいいよ」という暴力 – キリンが逆立ちしたピアス

「結婚」と「出産」はとりわけ女性において人生の重要キーワードだと思います。

私自身は、結婚をするともしないとも、子供を生むとも生まないとも決めていなくて、自分の選択であればどっちも良くてどっちもOKだと思っているこの頃です。(したくても出来ないかもしれないし!)なので、重要キーワードというより注目しているキーワードです。

そもそも、「結婚とは」「出産とは」「仕事とは」「生きるとは」などのテーマって、1万人いたら1万通りの答えがあって、それはどれも正解で。1人ひとりが自分なりの答えを見つけることが大切ですよね、当たり前の事ですが。

自分の答えを、特定の場所の特定の時代の平均値に照らし合わせて決める必要はないし、自分にしか当てはまらない答えを、誰かに「あなたもこうするべき」と押し付けることも普通はないと思います。

ところが、自分の正解が他の人にとっても正解だと信じている人は、日本代表&人類代表みたいな調子(*_*)で、「結婚はするべきだ」「子供は産むべきだ」「生命っていうのは遺伝子を残すために進化してるんだから…」とか言ったりします(*_*)

結婚や出産に限らず、「自分にとってこれが正解だから」「周りもこれが正解だと言ってるから」という理由で、相手の考え方をスルーして特定の考え方を押し付けるのって、相手を否定しているのと同じだと私は思うし、うっかり自分もやっていないかどうか心に留めておく必要があると思う。

私はどう見ても「自分で決めますからアドバイス結構です」なタイプなのでほとんど言われないのですが、30歳を迎えてからこういう事を言われる機会が微増しており、そんな時は「あー来ましたか。出番ですね」という感じでネタとして付き合ってます。

まともに理解してもらおうと心を込めて話すのは大変だし、ダメ出しされても私のコンセプトは全く変更ないので面白がれる範囲というのもあるし、多くの場合は親切心から言ってくれているのは分かるので、スルーしてます(スルーしてきました)。でも、これからは傷付いたなぁと思ったら、それを相手にも伝えようと思ってます。

好きな色について、青が好きか、赤が好きか、グリーンが好きかで喧嘩する人はいないし、コーヒーについて、ブラックか微糖かで喧嘩する人がいないのは、そんなの人それぞれで答えなんてないってみんな分かってるから。「生き方」「幸せ」なんかも同じことだと思うんですよ。

私はこうだけど、そういうのもあるんだね。ああいう考え方も面白いねみたいな感じで、人と比べて安心したり嫉妬することも、人に自分wayを押し付けることもなければ、もっと楽しく大きくなれると思うんだ。

<まとめ>
自分の幸せは自分で決めるもの。あなたの幸せはあなたが決めるもの。
自分の答えを誰かに無理やり当てはめることは、その相手を否定することと同じだと思います。わたしも無意識のうちに大事な人を傷付けないように、気を付けよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする