ブログへのコメント、メール

誰かの記事で、ブログを書いてる人はコメントに返信する義務があるかどうかっていうのがあったけど、私はあるわけないじゃんと思う。ブログやtwitterや色んなメディアがあるけど、書くのも、読むのも、コメントするのも、それに返すのも、自由に決まってるじゃんっていう不動の結論が自分の中にある。返したかったら返せばいいんじゃないの

ブログ経由の知らない人からのメールへの対応も同じ。相手は私のブログを読んで知ってるつもりでいるからだと思うけど、なぜかタメ口だったり、名前も名乗らずに質問に答えることを要求してくることがある。結構ある。

初対面の人に声をかける時は、まず自分の名前を名乗って(ニックネームとかでなく)、声をかけた理由を丁寧に説明するよね。何か聞く場合は、「すいません。○○を探しているんですが、もしご存知でしたら…」とか言うよね。

どうしてネットで顔が見えないとそれをしないんだろう。顔が見えなくて感情が伝わりにくいからこそ、より丁寧な文章を心掛けるところじゃないのと思うんだけど。

ちょっと考えれば分かることだけど、マナーを欠いた見知らぬ人の相談に乗る理由がないので返さない。旅行会社に聞いて下さい。「とりあえずメシ行きません?」みたいなメールも見送り。「メシ行く!」って返す訳、ないじゃん・・。意味が分かりません(・o・)

というような理由が無くても、暇な時間が無いのでやっぱり返さないことが多いんだけど、良識のある問い合わせにはなるべく返すようにしてます。(面倒で返さない事こともあります)

知らない相手にコメントやメールをする時は丁寧に言葉を選ぶのが当たり前で、その上で基本的に返事がないと思った方がいいと思うけどなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket