イタリア9日目・ボルネーゼ美術館 & 疲れて寝る

,

2015年6月10日(ローマ9日目)

<主な出来事>
・朝9時〜 ボロネーゼ美術館へ
・ヴァチカン疲れで失速、お昼前に帰宅
・夕方まで寝て元気になる

ヴァチカンの次の日にボルケーゼはいけなかったと後で気づいたんですが、チケットを買っちゃったので行くことにしました。案の定寝坊して、朝ごはんをゆっくり食べて、地下鉄の駅を乗り過ごした結果、8時半に到着するはずが9時10分に到着。

朝7時30分 家を出発。メトロB線でバジリカ・サン・パオロ駅からテルミニ駅へ、駅の南側にあるバス停から360番のバスでボルケーゼ美術館へ行くはずが、テルミニ駅を2駅乗り過ごしてギリギリに到着。

朝9時過ぎ 地下1階のチケットカウンターでメールに添付されたバウチャーを見せてチケットと交換。バッグを預けて番号札をもらい、携帯・カメラ・お財布だけ持って中に入場。1階で観たかったベルニーニの傑作『プロセルピナの略奪』『アポロンとダフネ』を観れて満足。素人目に見てもこれは確かに傑作だと思う!
朝10時半 ベルニーニを見たら昨日のヴァチカン疲れが出てきて一気に失速(笑) 眠いしだるいしテンションが上がらない・・2時間しか居れない貴重な滞在時間を1時間半で退出して帰ることに。また来ればいいじゃん!
お昼前〜夕方 帰宅してベッドに倒れる。ぐっすり

定番のスーパーで惣菜ディナー。チンするだけの枝豆のスープ、美味しい!その後はエスプレッソを頂きながら、アントニオとマルコとナポリカード対戦。大人気なく真剣にやって勝ったー!明日はこの家を離れなきゃいけないのが寂しいな
夜中 怖い夢を見て起きる。その後は楽しい夢を見て朝までぐっすり

360番のバスでボルケーゼ公園入口まで行けます
DSCN2069

入口から30メートルくらい歩くとすぐ右手に美術館があるよ
DSCN2070

入場制限しているだけあって、人が少なくていい!!
DSCN2071

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ 『アポロンとダフネ』(Apollo and Daphne)

DSCN2092

この作品はギリシャ神話のオウィディウスの『変身物語』より、神ゼウスの息子アポロンと、河の神ペネイオスの娘ダフネの物語を表現しています。

○○○

ある日、アポロンはエロス(キューピッド)が弓矢で遊んでいるのを見てエロスをからかった。怒ったエロスは、金の矢をアポロンに、鉛の矢を川の神の娘、ダフネに射た。金の矢は恋に陥る矢、鉛の矢は恋を拒む矢。

二本の矢が二人の胸にささった瞬間から、アポロンはダフネを恋し、ダフネはアポロンを拒否した。
ダフネを追いかけるアポロン。にげるダフネ。

ダフネは父親の川の神のところへ駆け込み「お父様、助けてください」と父に助けを求めた。それを聞き入れた父は、彼女の姿を足元から月桂樹に変化させた。アポロンが追いついてダフネを引き寄せた時、ダフネは月桂樹になっていた。

アポロンは三日三晩悲しみに暮れ、ダフネへの愛の記念に、ダフネの月桂樹の葉で冠を作り、生涯それを頭にかぶっていた。

○○○

ギリシャ神話、面白いよね!今読んでる新約聖書が終わったらギリシャ神話の本を読む予定

DSCN2094

DSCN2093

DSCN2091

こちらがもう一つの傑作、『プロセルピーナの略奪』。冥王ハデスが一目惚れしたペルセポネー(プロセルピナ)を強引に冥府へ連れ去るシーンを描いてます。石とは思えない躍動感と体の質感!

DSCN2101

DSCN2102

DSCN2104

DSCN2103

DSCN2100

泣いてる!

DSCN2106

他にも天井画の見事さが目を引きました。

DSCN2073

DSCN2083

DSCN2084

DSCN2079

DSCN2112

DSCN2113

DSCN2122

DSCN2141

DSCN2142

夜ごはんはいつものスーパー食。この枝豆スープが美味しかった!ごはんはオリーブの酸っぱさが効いていて、慣れたら美味しいと思うけど酢飯みたいな不思議な感じ。
DSCN2148

DSCN2149

DSCN2150

夜8時半、部屋から見た夕日
DSCN2151

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket