イタリア32日目・骸骨寺とキリストが歩いた階段

2015年7月3日(ローマ3日目)

<主な出来事>
・午前中は仕事
・お昼から出かけて骸骨寺(カプチン派修道会博物館)へ
・サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂と、スカラ・サンタ(聖なる階段)へ

朝8時 起きたー!ちょっと急ぎのメールが来ていてすぐ仕事
12時 昨日より早く外出できて褒めてもらいたい気分。メトロB線とA線を乗り継いで、テルミニ駅の混雑に気が遠くなりながら、バリベリーニ駅で下車。バルベリーニ広場でベルニーニ作のトリトーネの噴水を見てから、目的の骸骨寺へ。

見た目は普通の博物館で入場料は8ユーロ、ちょっと高い(写真禁止)。

1階は色々な聖人の生い立ちや古い十字架が展示してある博物館で、地下に修道僧の人骨を祀った部屋が。壁のモチーフ、柱、天井、シャンデリア、絵をふちどる額縁まで、全部人骨で装飾されていて、ミイラみたいになった体全体の骸骨が何体か安置されている。ドクロも沢山あったけど、骨盤だけの部屋とか、脊髄だけの部屋があってインパクト大。写真は禁止だったので骸骨ポストカードを1枚お土産に。

バリベリーニ駅の前にCOINっていうデパートがあって、そこの3階のホームウェアが可愛くて、エスプレッソ用のコーヒーカップやワインの保存用の栓を買う。

3時半くらい バリベリーニ駅からA線でサン・ジョヴァンニ駅へ。駅から歩いて5分の場所にある「サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂」に。ここは写真撮影がオッケーで嬉しい。さすが大聖堂だけあって、建物正面上部のキリストと聖人の像も目を引くし(ガリレイ作)、モザイク画や天井の凝り具合がすごい。教会というより美術館みたいな豪華さ
4時半 ここに来た目的「聖なる階段」を見に行く。大聖堂の隣にあるラテラーノ宮殿っていう小さな建物の中にある階段で、キリストが十字架にかけられる前に使ったものでエルサレムから運ばれたそうだ。信者が祈りを捧げながら膝で階段を登っていく様子が見たかったんだけど、地球の歩き方の写真の通り厳かな雰囲気だった。

この階段を磔になる前のキリストが歩いたなんてドラマチックだし、その記録が今も残っててこうして大事にされているのがすごいよね。それにしても階段ってどうやって運ぶんだろう

6時 地下鉄で家に帰る。いつものスーパーCONADでついついお買い物。今日の夜ごはんはサラダ、スープ、白ワインかな!

バルベリーニ広場
DSCN4291

ベルニーニ作 トリトーネの噴水
DSCN4288

DSCN4289

DSCN4290

骸骨寺(カプチン派修道会博物館)

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂
DSCN4294

DSCN4295

DSCN4297

DSCN4300

DSCN4302

DSCN4303

DSCN4304

DSCN4305

DSCN4313

DSCN4308

DSCN4307

DSCN4314

DSCN4316

DSCN4318

DSCN4327

DSCN4331

大聖堂前のオベリスク
DSCN4332

「聖なる階段」があるラテラーノ宮殿

DSCN4333

今日買ったもの。バルサミコ スプレータイプで便利
DSCN4339

具だくさんっぽいスープ
DSCN4340

エスプレッソ用のコーヒーカップ
DSCN4344

直火式エスプレッソメーカーは購入済み!3カップサイズを買ったけど、4カップの方が良かったかな〜。
私の家に来た人に強制的に振舞う予定
DSCN4342

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket