あの人は感じが良い

「あの人は感じが良い」「感じが悪い」という言葉があるけれど、人間には元々、言葉を交わさなくても相手の気持ちやコンディションを読み取る力がある。感じ=雰囲気、ムード、オーラと言い換えてもいい。

私はその「感じ」を読み取る精度が異常に高いという特技があって、相手によるけど初対面でも色々分かる。例えば、その人のタイプや気質、コンディションや気持ちの状態、私に対する感情、自分の人生への満足度、不満や隠し事があるかとか。よく知ってる人は話さなくても、少し離れたとこから見るだけで分かるときもある。

いつも安定して気が良い人、基本的に良いけどたまに悪くなる人、良い時と悪い時の振れ幅が大きい人など色々。特に分かりやすいのは、言ってることと思ってることに差がある人、いつも自分と誰かを比べて嫉妬したり安心してる人、今の不満や不利な立場を全部誰かのせいにしている人で、この感じはびっくりするくらいよく伝わってくる。

私にとっては、相手の状態が分かるというのは、ネガティブな人が周りにいると人一倍疲れるということでもあるので、そういう人/集団とは考えられる中で一番遠い距離を取っている。

自分と周りを比べるのはやめて、自分と昨日の自分を比べるようにして、自分の幸せを選択するのはとても簡単なこと。

自分の人生を生きていれば人のことなんて気にならないし、人を批判して安心する必要もなくなる。そんなことしてる時間が勿体ないと思うようになるよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする