【スリランカ】ヌワラエリアからヒッカドゥアへバス移動 9時間orm

今回の旅で一番きつかったのが、ヌワラエリア-ヒッカドゥア間の移動。ガイドブックやネットにもあまり詳しく書いていなかったのでレポしますね!

まず、ヌワラエリア-ヒッカドゥカ間に鉄道はなく、車チャーターまたはローカルバスでの移動になります。

車チャーターの場合、駅などで声を掛けてくるドライバーに直接交渉する方法になりますが、片道5時間ほどかかるとあってなかなか強気な価格交渉になります。だいたい1万2000~5000円前後が相場のようです。

ヒッカドゥアでお客さんを下してからまた5時間かけて帰ってこないといけないのは分かるけど、ガソリンが高いのも分かるけど、それにしても5時間乗って1万5千円って全然納得感ありません。という事で他に選択肢がなかった私たちはローカルバスで行くことに。

まず、前日にバスステーションのオフィスに行って確認したところ、「ヒッカドゥアまでの直通バスはある」「値段は500ルピーくらい(安)」「出発は朝9時45分」という事でしたが、当日、その情報を怪しみつつも9時ごろバスステーションに到着。

何十台もバスが並んでいて何がどこ行きなんだかさっぱり

バスのドライバーさんと乗客でごった返していて、光客は少ないので注目はされますが、みんな忙しそう。
で、オフィスの人(昨日と違う)や、どこぞやの路線の車掌さんぽい人にヒッカドゥア行きのバス乗り場ってどこ?って聞くんですが、みんな違う事いうんですよね。ここっていったり、あっちっていったり、いやヒッカドゥア行きは無いよって言われたり。

えー!?と言いつつ右往左往していたら、ドライバーさんの一人が、あれがそうだよ!って赤いボロバスに連れて行ってくれました。
車掌さんに確認すると、確かにヒッカドゥアに行くとの事で一安心。バス料金は確か500ルピーしませんでした(安)!

自由席なので前の方の席に座り、結局9時45分ごろに出発したようなしないような。そこから9時間、ひたすらバスに乗り続けます。バスは「ヒッカドゥア行き」ではありますが、「直行」ではないので、途中で色んな所を経由するため9時間かかるんですね。

バスの中はこんな感じ

なんだか有名っぽい滝も通過
ヌワラエリアから1時間くらいの地点にある滝

道中は、後ろの席に乗った空軍の管制塔で働くという青年と仲良くなって、いろいろ話を聞かせてくれました。彼はすごく敬虔な仏教徒で、ブッダの素晴らしさについて熱心に教えてくれて、宗教を信仰している人ってこういう温度なんだと実感。バリでヒンドゥー教やサンヒャンデウィの素晴らしさについて熱心に語ってくる人に会ったことが無いのは、生活様式そのものに根付いているからでしょうか。

友達になった青年。お世話になりました

途中で通り過ぎた町

9時間中、休憩がてら長めに停まったのは3回で、そのうち一回はランチ休憩。ドライバーも乗客もみんな食堂でランチを食べて、ここのナシチャンプルはかなり美味しかったです(150ルピー)。

2013-05-21-13.45

一番しんどかったのはやっぱりトイレで、後半戦、山間地から海に下りてくるにつれて乗客が多くなり、通路まで全部立ち乗車の状態。バス停で長めに停まっても「トイレに行きたい」とその人たちをかき分けて降りれる状況でなく、後半5時間は一回もトイレに行けずにホントに膀胱炎が再発するかと思いましたよ!!でもトイレって我慢しすぎると膀胱におしっこが吸収されて(ほんとはいけないんだけど)、トイレ行きたくなくなるんですよね。

朝10時ごろヌワラエリアを出て、ヒッカドゥアに着いたのが7時頃。ほんとにクタクタでした~ (*_*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket